リースとは高額な機器を導入する時に行う契約で、医療機器や、自動車などで適用されています。

仕組みは機器を導入して毎月一定の金額を一定期間支払う契約形態で、一定期間がすぎれば、その機器を購入したり再リースや返却を任意に選ぶことができます。最近はこのリースが酸素カプセルにも適用でき、この機器の普及に大きく関与しています。酸素カプセルは酸素が充満した特殊な部屋に入ることで身体の細胞に酸素が行き渡り、疲れの解消やけがや病気の早期回復、ストレスの発散などの体質改善ができる機器です。

購入するとなるとかなりの高額で多くの初期費用がかかるのでリースでの導入がお得です。毎月購入した金額を分割した料金よりも安い料金を支払って機器を利用でき、他にも多くのメリットがあります。メリットは業者によって異なるオプションサービスのことで、契約t中に新機種が登場すると機種の交換が可能だったり、もしも機器が故障した時の修理代や定期的に行うメンテナンス代が毎月支払う料金に含まれているものもあるので、使用環境にあった業者を選んで契約することが必要です。

酸素カプセルは一般の家庭から整骨院などの医療施設やスポーツジム、大学などのクラブ施設など幅広く普及しています。企業がリースで導入すると、毎月の料金を経費扱いにすることで税制面での優遇もあり、訪れるお客さんがいっぱい使用してくれるかなどの反響を確かめるためのお試しとして使用する時にも良い導入の方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *